最適な収益物件を見つける|セミナーに参加しよう!

スーツの女性

不動産経営の様々な手法

模型

経営するときに役立つ情報

不動産経営を効率的に始めるためには、資金力や希望する経営形態に合わせて、収益物件情報を調べることがすべての出発点です。様々なタイプの収益物件があるので、情報サイトで物件情報を賢く絞り込むべきです。居住用物件に興味がある場合には、一棟売りのアパートやマンションの情報に注目するのがポイントです。しかし賃貸一戸建て住宅にも根強い人気があるので、投資用に複数の建売住宅を買う人も増加傾向です。事業用物件への投資を考えるときには、大都市のオフィスビルを購入するのが一般的です。立地条件の良さが安定した経営に結びつくので、特にエリアにこだわることが重要です。店舗物件への投資を行う場合には、オーナーチェンジ物件を選ぶのが賢い戦略です。

安定性を重視した経営方針

継続的に家賃収入が得られる収益物件を手に入れることが、不動産経営で成功するための秘訣です。良い物件は不動産市場に出ない場合も多いので、親しい不動産会社の未公開情報を利用するべきでしょう。最も賃料収入が安定しているのが居住用物件であり、特にエレベーターや駐車場などの入居者に大人気の設備が完備している物件が最適です。ローンの借入額を少なめにして、自己資金を中心に活用するのが、安定した経営を行うための鉄則です。中古物件を購入するときには、新耐震基準の新しい物件を選ぶのが理想的です。強固な地盤に建てられている収益物件であれば、大地震が来た場合でも賃貸経営が継続できるので、初心者の投資にふさわしいです。